honsikansou

tankoubon

2人の仲もゆっくり燻す いぶり暮らし

少し前から料理マンガが大人気で、たくさんのマンガが世に出てきていますね。
昔から美味しんぼ、ミスター味っ子など料理をテーマにしたマンガはありました。
しかし今は一大ジャンルと言っていいほど料理マンガが多発(乱発?)しています。
面白い料理マンガは大好きですが、とりあえず若い女と食いモン出しとけ!という考えが透けて見えるマンガは、悲しくなります。
そんな数多く出ている料理マンガで、ちょっと変わったものを見つけました。

いぶり暮らし 大島千春

現在 WEBコミックぜにょん で連載中です。

主人公はヨリちゃん(26)と巡(24)の2人…でいいのかな。2人は同棲中のカップルで、休みが合う日曜日には自宅で燻製を行い楽しんでいます。
今はキッチンでも燻製ができるようで、ネットで調べると色んなやり方がヒットしますね。
1話では定番のゆで卵、2話ではカマンベールとソーセージなど。
 deee0118
色んな食材を燻して、それをヨリちゃんがアレンジして夕飯を作ってくれます。
出てくる燻製料理も美味しそう。
素材そのままでもいいですが、ひと手間かけて作ったヨリちゃんのご飯もとても美味しそうです。
燻製たらこマヨネーズとか美味いに決まってるやん…
そういやヨリちゃんの仕事はカフェの店長だからプロなんだった。
燻製って簡単に言ったら煙の味なんでしょうけど、なんであんなに美味いんでしょう。
くんたまとかスモークチーズも美味すぎ。
ベーコンだって燻製です。一度手作りベーコン作って食べてみたい…。
ところで、いぶり暮らしを読んでいると、ヨリちゃんの描写がリアルだなぁと感心します…。
26歳で結婚に憧れはあるけれど、年下の同棲相手は不安定な仕事で、まだまだそんな雰囲気じゃない。
年上であるがゆえにしっかりせずにはいられない。
絵柄もありますが、ヨリちゃんはキャピキャピキラキラした女の子ではありません。
恋人の巡は年齢もあってやっぱりヨリちゃんに甘えてる。
巡よー!ヨリちゃんめっちゃいい女だよー!
でもヨリちゃんを母ちゃんにさせずに、しっかりしろよー
となるのは私だけでしょうか。
ヨリちゃんも2人の間をゆっくり燻したいと言っているので、外野がガヤガヤするのは野暮ですが。
同棲中のカップルが主人公なのに、あまりキャッキャッしたりドロドロしたりすることもなく
いちゃいちゃした恋愛描写は抑えめ。
燻製は下ごしらえが大事で、何より待つ時間が重要。そんな燻製がテーマということで、
だいぶ落ち着いたマンガになってると思います。
悪く言うと地味なのですが、なんか妙にクセになる。ネット連載では、新作が載るのを楽しみ待つほどです。
あ、もうそろそろ新しいのが読めるな、と。
今流行りの可愛い萌え系の女の子が「ん〜〜!」という食マンガも、いい加減食傷気味なので、こういうマンガは個人的に貴重です。
料理マンガが乱発してた頃は、食マンガなら黙って土山しげる読んどけ、が信条でしたが、こんな料理マンガがあってもいいじゃない、と思ったのでありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする