honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイグルメ特集〜アイヌのグルメ〜

ゴールデンカムイグルメ特集〜アイヌのグルメ〜

なんだかんだで筆者がとてもハマってしまったゴールデンカムイ。

この漫画には多くのアイヌの料理が登場します。

魅力的なジビエ料理、登場人物たちが美味しそうに食事する姿はサバイバル漫画ではなく、

もはやグルメ漫画といっても過言ではありません。

その料理の材料は主に北海道の地で獲れた獣たち。
現代の日本ではなかなかお目にかかれない珍しいメニューの数々を紹介したいと思います。

今回はとりあえず1、2巻に登場するメニューをご紹介します。

まずはエゾリスのオハゥ

オハゥとはアイヌの言葉で「汁物」のことだそう。
エゾリスの皮を剥ぎ、骨も内蔵も山刀で叩き、つみれのようにします。
アイヌ語で細かく叩くことを「チタタプ」というそうです。
アシリパは「食べきれない時はオハゥにする」と言っているので
普段は生のまま食べるんでしょうか。
「リス好きなんだけどなぁ(愛玩動物的な意味で)」と杉元は言いますが、多くの読者もそうでしょう。

なんとこのリスのオハゥを再現されたブログがありました。

動物園にいるかわいいリスと違い、食材としてのリスの画像は結構ショッキング。

食べてはいないものの、リアルに杉元の心情を体験できました。

ブログ記事を拝見すると、醤油やみそなどのなじみのある調味料がなくても十分おいしそう。

リスは木の実しか食べないから美味いんだそうです。

そして   リスの脳みそ

6bf144c3

脳みそ…美味しんぼとかにも結構出てくる食材ですが、美味いんでしょうか…。
白子のような味がするとか耳にしますが。
美味しそうな料理と、日本人にとっては馴染みのないいろんなものの生食
ゴールデンカムイに出てくるグルメ? はこの二つ料理の対比が続きます。

うさぎのオハゥ

うさぎは食材としてけっこうメジャーですね 他のと比べて
フランス料理でもたまに見かけますね。食べたことないので美味しんぼ情報です。
筆者の食べ物情報はほぼマンガから得ています。

そしてうまそうなうさぎのオハゥからの

cc176d52

うさぎの目玉
ちゃんと食べてあげる杉元はいい人。
このブチュンがリアルですよね。筆者が昔授業でやった牛の目玉の解剖
思い出しました。
※理科の時間に教師がいきなり牛の目玉を持参し急遽解剖に。
メスなどはなく、生徒の私物のカッターナイフで。
目玉にカッターナイフを差し込むと中から硝子体液がブチュンッと溢れ出し
クラスの所々で悲鳴があがった
ところで
食材に火を通さず生のまま食べるのは、食材のビタミンを摂取するためでしょうね。
脳みそを食べるのも脂肪が多く栄養があるから。
極寒の土地、北海道では獲れるものは貴重なので余すところなくいただくということでしょうか。
アイヌの食生活は極寒の地で生きていくため理にかなっているのですね。

と偉そうに書いた後に、調べてみるとアイヌは生食はあまりしないと
知りました。

アイヌの食生活        from北海道のアイヌの生活様

住んでいる土地によって異なるのかな?

カワウソのオハゥ

カワウソといえば動物園でも見かけるかわいい動物。

そのカワウソがオハゥに。

見ている分には切り身になるとけっこう平気です。
引用した画像にあるニリンソウですが、アシリパさん曰く肉の味が倍に
なるそうです。
いいなぁ味が倍になるという表現

脂身がトロトロ…肉の味は想像できませんが豚の角煮のような感じを
想像したらいいかな。
カワウソのオハゥ美味しそうです
からの

カワウソの頭
あ…   は…   あ…   
 
 

今回はとりあえずここまで。3巻以降もアシリパがふるまうアイヌ料理は

たくさん出てきます。

相変わらず杉元はいろんなもの食わされています。(白石も)私はこの漫画の食事のシーンが強烈で大好きで、いつも読み返しては

楽しんでいます。

しかし、マンガの内容よりも、作者である野田先生のツイッターにあった

「猟で仕留めた鹿の脳をバクバク食っていたら、

同行していたアイヌにこの漫画家頭がおかしいと思われた」

というエピソードが一番強烈だった。

鹿の解体写真をウッカリツイッターにアップして担当さんに怒られる野田先生が

大好きだ。

ツイッターで更新情報アップしてます

@sanukiudondon_1