honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 125話ネタバレ感想 ついに網走に到着。嵐の前の静けさ

ゴールデンカムイネタバレ感想です。

ゴールデンカムイ質問箱の中級篇が18日より始まるようですね。

初級編でもけっこう濃い質問があったので、中級編ではどんな質問がくるのか気になります。

↑が始まるころにはもう7月も半分過ぎてるのか…。夏に北海道に行きたかったけど無理だった…。

ゴールデンカムイ 125話ネタバレ感想

杉元一行は早くも網走に着いていました。網走に到着するまでにもうワンアクションあるかと思いましたが…案外あっさり着きましたね。

ただ今回は、アイヌうんちくがアシリパさんにより語られるのみという感じでストーリーの大きな進展はあまりない感じ。

しかし物語全体に不穏な空気が漂います。アシリパさんは網走にいるのっぺらぼうが自分の父親だったらどうしようか、と真実を知るのがかなり不安な様子。

何があっても最後まで俺がついているから、とアシリパさんの方に手を置く杉元。先週までいろんなものをブラブラさせていたとは思えないほどの男前っぷりでした。

さて、土方はアイヌの扮装をして、キロランケ達と網走監獄の周囲を偵察していました。関係ないがアイヌの鉢巻を頭にまいてる土方がメッチャかっこいいです。

画になるよなぁ。先週撮っていた土方の写真もかっこよかった。谷垣…

125話はあの網走に到着したというのに、話が大きく進展するわけでもなく淡々と終わったという感じ。

ただその分嵐の前の静けさというか、それが不気味さすら感じさせます。

アニメとかでも最終回や何か大きな動きがある回の予告って案外静かな演出がされたりするじゃないですか。あんな雰囲気を感じました。

いつもは騒がしいアニメカウボーイビバップの予告が、「ハードラックウーマン」の予告ではエドの鼻歌のみが流れたときみたいな。

大丈夫かなゴールデンカムイ。網走編で誰か死ぬんじゃないかコレ…。