honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 113話ネタバレ感想 我が生涯に一片の悔いなし 姉畑死す

ゴールデンカムイ 113話ネタバレ感想です。

公式サイトで面白そうな企画がやってますね。

野田先生への質問…もうなんかロクな質問しか浮かんでこない。今一番気になってるのは、何故あんなに谷垣をムチムチにしているのか、なのですが

ガチな返答がきたらどうしよう、と考えると怖いです。

そういやウコチャヌプコロがツイッターでトレンドしたようで。すごいな金カムの話題性…というか姉畑の存在の強烈さよ。

ゴールデンカムイ 113話ネタバレ感想

タイトルで思いっきりネタバレしてしまいましたが。

まさかの姉畑死亡…!

ヒグマと念願のウコチャヌプコロを果たし真っ白に燃え尽きてしまいました。状況的にあしたのジョーとかラオウを思い浮かべますが、姉畑の今までしでかしたことと、進行形でしでかしてることを考えるとなぁ…。

感動すればいいのか、どうすればいいのか分からない。

というかウコチャヌプコロを目撃した谷垣のシャツのボタンがはじけ飛んでるんですが。野田先生は谷垣を一体どうしたいのだろうか。

そして姉畑に感慨を受けたのか「姉畑先生!」とか呼び出し駆け寄る杉元。杉元って今まで妙に囚人に優しかったりしてましたが、なんかシンパシーでも感じるのでしょうか…。

そりゃヒグマとウコチャヌプコロするのは変態通り越してある意味すごいことですが。

姉畑の死に同情する杉元に怒るアシリパさんですが、そりゃそうですわな。

ヒグマの立場になると、結局変な人間にウコチャヌプコロされるわ、殺されるわとさんざんな結果だったし。

嵐のようにやってきて、あっという間に終わったな姉畑編…。

フチの夢も気になるけど、前に進むことを改めて決意したアシリパさんで今週の金カムは終了です。

あ、個人的に谷垣が「リュウ」ではなく「湯たんぽ!?」呼びしていたことに和みました。

まとめ

ゴールデンカムイがノミネートしていたSUGOI JAPAN

この賞のコンセプトは「世界の人々に紹介したい日本のすごいもの」なんですが、金カムはマンガ部門で惜しくも2位でした(1位はヒロアカ)。

いやー1位取らなくてよかった…。まさにこの時って姉畑が大活躍していた頃なので、世界の人々にヤンジャンの金カムが読まれて「日本はすごいや!」って思われたらどうしよう、と心配になるところでした。

姉畑編も終了のようですが、谷垣の不穏な表情、そして谷垣のシャツパァァアアンのシーンが、ヒグマの「着物を脱がせる」シーンと全く一緒だったことでこの先がとても不安になりました。

ムチムチになったことで死亡フラグから抜け出したと思っていた谷垣ですが、やっぱりまだヤバい気がする…。