honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 111話ネタバレ感想 姉畑支遁とゆかいな仲間たち

ついに明日ゴールデンカムイ10巻が発売になるようですね。

ずっと電子版買ってるので買えませんがね…!

もっと早く単行本買っておけばよかった…切り替えのタイミングを逃し、毎回新しい単行本が発売されるたび一か月耐え忍ぶプレイをさせられています。

ツイッター見てると、網走監獄の中の人がこんなツイートをしてたのを発見。
羨ましすぎる…。ぜひ見に行きたい。

ゴールデンカムイ聖地めぐりもかねて北海道旅行をしたいと思い旅費を調べましたが、北海道旅行…高いわ…。500円貯金箱がいっぱいになったら北海道に行くんだ……。

ゴールデンカムイ 111話ネタバレ感想

さてさて今回の金カムですが。

久々のリュウ(湯たんぽ)が登場!相変わらずラブリー。谷垣が持つ二瓶の銃の匂いを追ってここまで来ていたようで、杉元たちに追いつきました。

そして噛まれる杉元w白石ならわかるけど、杉元が噛まれるのはちょっと意外ですね。

そして先週より続く谷垣いじり。捕らわれの谷垣が小熊ちゃんとか呼ばれてますが…。…小熊なのか。

尾形にとって谷垣は、玉井伍長たち3人を殺した鶴見中尉の信奉者であったようです。その誤解は杉元により解かれましたが。

尾形ってなんかいつも余裕ぶってる感じがしますが、結構メンタル追い詰められてるんかな…。

鶴見中尉の激しすぎる裏と表にやられて病んでしまったのか、それとも生い立ちのせいでしょうか。

さてさて肝心の支遁先生ですが、相変わらず動物たちと触れ合って(意味深)います。

動物についての語りが…もう…まんまあの人です!先生!

存命の人物をこんなド変態にしていいのかな。支遁の動物に対する少々(少々?)行き過ぎた愛情がいろいろムツゴロウさんを彷彿とさせるのもいいのか!?と読者としてハラハラします。

そしてヒグマのフンを使ったカモフラージュ…うんこれどっかの映画で見たなぁ…。


あれ?こっちだっけか

まあいいや。

そしてついに念願のヒグマを発見する姉畑支遁で今回のゴールデンカムイは終了です。

まとめ

姉畑登場の衝撃も少しずつ落ち着いてきた印象のゴールデンカムイ。なんというか慣れというものは恐ろしいと思いました。

あんなド変態でも見慣れてしまうものなんですね…。

それでも谷垣がセクシー要員になったりと新たな衝撃を我々読者にぶち込んでくれる野田先生に今後も更に期待します。



コメント

  1. 湯たんぽ犬 より:

    うどんさん、こんばんは
    前回はお返事どうもありがとうございました。

    ゴールデンカムイフレンズは乗り越えるものが多いですねー
    変態の見本市にスゴくお得感?、でもだんだんと見慣れてしまうこと、分かります。
    自分は辺見ちゃんがまだうまく消化できてませんけど笑
    姉畑の衝撃はどうすればいいのか、
    来週のヒグマ先輩に期待しときます。

    うどんさんのおかげで作者の新巻紹介ツイッターにある、丸くて黒い物体の正体を知ることができました!
    10巻目にして。
    毎回、何だろ。マンガ制作の道具かな?でも、まぁいいかと思っていたので笑

    あと、衝撃のウコチャヌプコロ第108話がまさか煩悩と掛かっていたとは!
    脱糞(獄)王のサービス…回も日付と掛かっているらしいと、どこかで見たときも遠い目をしてしまいました。

    野田先生の春の変態祭り(毎日かも)もちろんのこと、こちらのブログも楽しみにしていますね。

    • udon より:

      湯たんぽ犬さん いつもコメントありがとうございます!!
      本編にも湯たんぽ(ラブリー)が久々に登場しましたね(笑)

      ゴールデンカムイは…もう…先生は何故こんなにバリエーションに富んだ変態たちを描けるのか不思議になります…。
      更にすごいのが、過去に出てきた変態達が全く色褪せないことだと思います(辺見ちゃん含め皆煌めいてる)
      そして私達読者も、どんな変態が出てきてもいろいろ乗り越えてしまうでしょう。野田先生と担当氏がどこまで突き抜けていっても着いて行くような
      気がします。

      だっぷ脱獄王のサービス回の話は初耳でした!先生は本当にいろんなところに伏線を張っていますね。
      ところで脱獄王のサービス回がたくさんありすぎてどの話だかわかりません(笑)さっそくググってきます。