honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 92話ネタバレ感想

野田先生のツイッターによると、色紙プレゼントの企画があったんですね。

当たった方、めっちゃ羨ましい

色紙の絵もツッコミどころがありすぎて…先生本当に辺見好きだよね。

あとこの白石スタンプ、ゴールデンカムイ軒にも置いてあったそうですが、売ってくれないかな…。

単行本におまけにつけてくれたら、デジタル版とは別に絶対もう一冊買います。

あと「『ゴールデンカムイ』とアイヌ文化展」 が北海道と東京で開催されるそうな…

関西にも…関西人にも金カムイベントのお恵みを…

ゴールデンカムイ 92話ネタバレ感想

夕張で杉元達に絡まれていた行商の兄ちゃんがまさかの再登場。谷垣達にアイヌの女の子を連れた男たちを見なかったか、と尋ねられます。

彼曰く、軍帽をかぶった男はかなりの極悪人とのこと。否定できない。

久しぶりに谷垣一行が登場な気がします。話数だけで言うとそんなに久々ではないのかもしれませんが、一話の密度がとても濃いので久しぶりに感じます。

道端で占いをするインカラマッさん。そして谷垣はヒモよばわりされていました

行商人から得た情報から、杉元達が十勝方面に向かったと推測します。

「十勝」と聞いて「トカプ!?」と目を輝かせるチカパシ。トカプとはアイヌ語で「オッパイ」のことだそうです。

トカプトカプといいながら、インカラマをちらちら見るチカパシ。それを「やめなさいッ」と叱る谷垣。なんか平和だなぁ。

セクハラされてても笑顔でかわすインカラマッさんいい人だよね…。

チカパシを叱る姿を見ていると谷垣のオカン感が拭えないので、谷垣とインカラマが夫婦には見えないな。

さて今度は杉元一行。

鈴川を連れ、土方たちのもとへと合流しに向かいます。

尾形は鈴川をザコ呼ばわり。確かに最初はモブかと思ったものなぁ。しかも鈴川の名を聞いて、どんな手練れの詐欺師かと思ったら見た目は普通のじいさんだもの。

しかし鈴川の今の姿は変装らしい。

こきおろしてくる杉元に鈴川は現におまえたちは俺に騙されていたじゃないか、と返します。

アレは杉元はわざと騙されたフリをしていたと思ってたんだけどなぁ…あれ素だったんだなぁ…。

モブかと思うくらいの見た目も、詐欺師としては有能な面なのかもしれませんね。人に警戒心をもたれないことが大事だから。

鈴川はこれから本格的に金塊探しの一員に加わるのでしょうか。しかしじいさんが多いな。

青年誌なのに若い女性キャラがほとんど出てこずにじいさんばかり増えてるんですが…。

永倉たちと合流した杉元達。永倉と鈴川がそっくりで笑う。

杉元は白石が第七師団に捕まったことを知ります。

土方とキロランケの白石奪還作戦。血しぶきやら銃弾が飛び交う派手な戦いになると思いきや、兵士たちの気をそらしこっそり白石を逃がす作戦になるそうです。

変装して第七師団の気を引こうとするキロランケと土方。しかし白石はそれに気づかず作戦は失敗。

土方の「シライシーッ」が(笑)

そして第七師団の兵士たちが何気にいい人。潰れた民家から人を助け出そうとしたり(罠です)、行商人のために倒れた木を起こそうとしたり(罠です)。

白石もなんかほのぼの捕まってるし、鶴見中尉の絡んでる第七師団以外の兵士は実はいい人なんじゃ…。

白石が逃げずしびれをきらした二人。今度は強硬手段に出ます。

ここからは超シリアス。コメディとシリアスのふり幅が相変わらずすごい。違和感なく読めるのもすごいなと思います。

やっぱり土方は正統派にかっこいいな…。

そんな土方の「シライシーッ」はどんな顔で言ってんだろう。