honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 85話ネタバレ感想

ゴールデンカムイの8巻が来月発売しますね。
表紙はまだ発表されていないようですが、8巻の表紙は誰になるのでしょうか。
本命は江戸貝くぅぅんかなぁ。裏表紙がセンター分け的な。
しかしもう彼は登場しないだろうから、月島軍曹かな?軍曹だと嬉しいなぁ。
偽刺青編ですごく人気出ましたよね。

追記

先生のツイートによると8巻表紙は尾形でした。軍曹…

ゴールデンカムイ 85話ネタバレ感想

表紙がすごかった

よくネタがつきないな…先生。
前回から白石の過去話が続いています。
彼が脱獄王と呼ばれるようになったいきさつが語られるのですが…。熊岸さんあんまり関係なくない?
白石の自業自得じゃないか。
シスター宮沢を探し求めて脱獄を繰り返す白石。賭場に出入りしたり、顔なじみの看守がいる監獄に行ってつかまったり、前回の切れ者っぷりはどこへやら、です。
白石って、脱獄のために前もって網を張る周到さ、身体能力のすごさなど脱獄に関してはキレキレだけど、それ以外は残念すぎるよね…。
だから魅力的なんだろうけど。
脱獄捕獲を繰り返し、全国津々浦々の監獄を渡り歩いて(?)いた白石ですが、やがて因縁の網走監獄に入ることになってしまったわけで…。
そして久々二瓶が出てきた!まさかの。そして辺見。(そして後藤のオッサン)

こういう顔出しいいですねぇ。
もうすでに死んでいるキャラクターですが、過去回想でちらっと出てくるの嬉しい。
ところで後藤のオッサンは、杉元達が得る最初の刺青人皮の持ち主。ゴールデンカムイの物語が始まるきっかけの人物だというのに、この影の薄さよ。
…他のが濃すぎるだけかもしれん。

そういや谷垣の過去話にも第七師団の面々が出ていたな。
ファンサービスなのか、先生が好きなキャラなのか。
金カムにもスピナマラダネタがブッこんであったり、ツイッターでスピキャラ描いていたりと、キャラクターに愛着がある人なのかもしれませんね。
とにかく二瓶が出てきて嬉しかった。
白石が覚えがある、と今までに言っていた囚人は同じ房だったようです。だから二瓶と白石はお互い知っていたのか。

白石は網走監獄でやっとシスター宮沢を発見し、辺見の協力を得て追いかけました。
どんな美女か家永カノさんか、といろいろ予想してましたが、まさかの似顔絵そのまま。

結論 熊岸さんは絵が超うまい。

そして白石の過去語り終了
まさかのやまなしおちなしいみなし
…前回の切れ者っぷりはどこへやら、白石はやはり白石でした

キロランケは白石にツッコンでくれてますが、じいさんたち二人(カノさんは就寝中)はきちんと話を聞いてくれていました。
このメンバー、ツッコミがキロランケしかいない…!
杉元組と土方組のメンバーシャッフル、超バランス悪い。

そして樺戸集治監と聞いて、永倉の回想が始まります。
樺戸で剣術の指導をしていた永倉。帰り際に囚人たちが通りかかりますが、その中には何といるはずのない土方の姿があった。
驚く永倉。こちらを振り返る土方の姿が渋い、超かっこいい。

長い前説が終わりゴールデンカムイ本編が始まりましたよ。

まさかの白石の過去話が前フリ。

やっぱり土方&永倉がストーリーの中心にくると一気にシリアスになりますね。
新撰組に詳しくないのでアレですが、一応土方はもう死んでる設定でよかったのでしょうか。

またどんな変態かと思っていた熊岸さん、かなりまともな感じですね。
贋作師としても優れていそうだし。
しかし油断してはいけない。長い監獄暮らしでヒャッハー!ってなってるかもしれない。
野田先生を信用してはいけない

ただ、白石の過去のやらかし(熊岸を裏切ったこと)が、のちのち偽刺青人皮判別の障害として降りかかりそうな気がします…。