honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 82話ネタバレ感想

ゴールデンカムイ8巻の予約が始まってますね。
発売日は8月19日とのことです。

…電子書籍版は9月かな。

ゴールデンカムイ 82話ネタバレ感想

インパクト大な二階堂(浩)のドアップが表紙。相変わらずぶっとばしてるアオリ。
…ジブリからクレーム来ないのかなアレ…。

第七師団の襲撃のところで終わった前回。

指揮を執ってるのは二階堂、でいいのでしょうか。片耳を鶴見中尉に削がれてから、奇行が目立つ彼ですがこういう仕事はちゃんとしているようで安心。

相変わらず杉元しか頭に無いようですが。襲撃の様子見てると兵としては有能なんだなぁ…。

高所から外を狙う尾形ですが、二階からこちらを狙っていると見越して行動する二階堂かっこいい。

尾形も元は第七師団ですから、戦い方は割れてるんですね。
特に二階堂は過去に尾形の観測手として動いていたので、狙撃手の戦法は熟知しているのでしょう。

カノさんは裏から逃げようとしますが、窓には鉄格子がかかっており逃げられません。
が、その時牛山が鉄格子を引きはがしてくれました。

か、かっけー!!チンポ先生のかっこよさよ。

そしてすかさず中に侵入する杉元。かっこいい…かっこいいんですが、どうもこの夕張編から影が薄い気がするな主人公。

杉元が土方と愉快な仲間たちの一員になっている気がする…。
最近の牛山の活躍で彼の株もダダ上がりですし。アシリパさんも牛山にべったりですしね。

ところでアシリパさんの抱きつき方が、人というより虫っぽいのは気のせいでしょうか。

なんか…宿主にひっついで寄生する虫的な

モブ兵にぼこぼこにされている尾形でしたが、杉元が助けにきました。
しかし尾形は「お礼を言って欲しいのか」と返し二人はどうも険悪な感じ。
杉元も「コウモリ野郎が」と吐き捨てます。
確かに裏切り行為は嫌ってそうな杉元。

ここ、白石がもし聞いてたらどんなリアクションするんでしょうなぁ。
というか谷垣も一応第七師団を抜けてるんですが、杉元は谷垣を「裏切り野郎」とは蔑んでないですよね。

金塊を奪うために鞍替えするのが嫌なのか、ただ単に尾形が嫌なのかどっちでしょう。
人間性でいうと尾形はいろいろ歪んでそうだもんな。イメチェン後は特に。

二階堂は土方と取っ組み合い中、ですが耳に入ってきた杉元の声に二階堂はすぐさま反応します。

なんかもう本能のところで杉元を追ってるんだろうなぁ…。もう狂気をはらんでいる。

二階堂は杉元のところに走り出そうとしますが、その瞬間彼の足は土方に斬られ両断。
自分の片割れ、片耳を失いそして片足まで失ってしまった二階堂。
その場に崩れ落ちてしまいます。

江戸貝邸から無事脱出した土方パーティー。
大勢で行動すると目立つので、二手に分かれて樺戸監獄に向かうことになりました。

そしてまさかのパーティーシャッフルきました。
杉元、アシリパそして牛山尾形がともに行動することに。
杉元と尾形が一緒のチームて…。

思えば初顔合わせは殺し合いという因縁の二人。尾形は目も死んでるし何を考えているかわからない。
杉元はなんだかんだいって人のよさそうなあんちゃんなので、正反対の二人。
二人はこれからどう絡むんだろうな…。
二人の相性は置いておいて、第七師団からしたらすごく相手したくない集団だよね。

不死身と不敗の男二人、加えて元第七師団の狙撃手。
そりゃ病魔も逃げ出すわレベル

のっぺらぼうの娘であるアシリパさん。土方が話す アシリパがのっぺらぼうのすべての希望とはなんなのでしょうか。
のっぺらぼうの目的もまだはっきりしていないですが、今後彼女の存在がこの漫画のキーとなることは間違いないでしょう。

肝心の彼女は現在チンポ先生に虫みたいにしがみついていますが…。

さて足を切断された二階堂ですが、何とか這って屋敷を脱出していました。
そして声にならない叫びをあげる二階堂で今回は終了です。
二階堂悲惨すぎるな…。野田先生に愛されてるんだろうな…。

ところで白石とユダキロランケはどうなったのでしょうか。
次号予告で白石の名前があるので次回は出てくるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする