honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 79話ネタバレ感想

木曜日はヤングジャンプの発売日なので、仕事を休みにしているブログ主です。
こんにちは

ゴールデンカムイネタバレ79話感想

さてトロッコで月島とクマ貝くんが逃走し、インディジョーンズで終了した先週。

今週は

ああああああああああああああああああああああ

あーあーあー……マジか…
まさかの江戸貝くぅん離脱。多分。

月島軍曹と江戸貝くんが坑道の中に逃げようとしたところ、同じくトロッコに乗り追ってきた杉元と白石。
この追跡中の二人に溢れる悪役感…。しかも昔のファミリー映画に出てくる愉快でドジな悪役
コンビ。おかしいなぁ白石はともかく杉元はもっと男前なはずだったけどなぁ。
緊張感のないドタバタ逃走劇が繰り広げられたのち、やっと尾形もトロッコに乗り参戦。
…坑道に入ってからの尾形も「いかん」「クンクン」など一行のみのセリフが多く、溢れる無口キャラ感。…おかしいなぁ尾形こんなキャラだっけなぁ。
初登場の時は「手が出ん。片腕だけに」なんて小粋なジョークを言っていたんだけどな。

坑道に入ってから、なんかみんなおかしい

月島クマ貝、杉元達、尾形が坑道内で暴れまわっていると、トロッコたちはダイナマイトが仕掛けられた場所を通過。
ダイナマイトの爆発がガス溜まりを当ててしまい、坑道内にはガスが充満。そのガスに引火し、爆発してしまう事態に。

さっきまでのドタバタ逃亡劇から一転、再びシリアスな展開になり、みな命の危機に瀕してしまいました。

そして江戸貝くんは崩れた岩盤に巻き込まれ、動けない状態になってしまいました。偽人皮を月島軍曹に託す江戸貝。この時、彼ちょっと泣いてますよね…。
鶴見中尉にヨシヨシペロペロしてもらうって言ってたのになぁ…

「僕を始めて肯定してくれた鶴見さん」のため、偽刺青人皮を無駄にしないでくれと月島に頼む江戸貝。今まで否定されて生きていた人生、初めて認めてくれた恩人のために、自分の命なんかどうでもいいと言いたげな、健気な江戸貝くん
切ないシーンなのに、あの人皮ファッションショーが頭によぎってイマイチ感情にひたれない…。

炭鉱火災は起きた場合、消火方法は「坑道を密閉すること」。中に人がいようがいまいが、非情なようですが、当時はそれが一番被害の少ない消火方法なのでしょう。

閉じ込められた4人もガスにやられており、しかも杉元は瀕死の危機です。
また来週の展開が死ぬほど気になる終わり方でした。

まさかの江戸貝くん離脱。今までの死んだキャラのように明らかに死んだと分かる描写がないので、もしかしたらもあるかもしれない。
確かに偽物を作った者が消されることは、物語を面白くするために必要なことかもしれませんが、この江戸貝弥作というキャラは早々と消すにはあまりにももったいない。
しかし引き伸ばさずにサクっと消すから、金カムはここまで面白いんだろうな。

来週は狩猟行きませんか?ちゃんと掲載されますか?先生。