honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 78話ネタバレ感想

さあていつまで続けられるのでしょうか、金カムの週刊連載感想。

ゴールデンカムイ 78話ネタバレ感想

なんかいきなり杉元と白石が話に絡みだしたぞ
江戸貝くん(第7師団)パートに尾形が絡んだだけでも話が急展開しそうなのに、これにまた主人公が絡みだしたらどうなるのか。

どうでもいいですが、軍帽を目深にかぶりスカーフで顔を隠している杉元の顔がなんか面白い。どこぞのゆるきゃらのようだ。中身が全然ゆるくないけど。

尾形の襲撃でピンチの江戸貝くん。さらっとセンター分けのネコも出ていますね。
迫りくる尾形の無表情さが怖い。目が死んでいる人物が多いと、定評のあるゴールデンカムイのキャラクターたちですが、彼は群を抜いて目が死んでいる気がします。
思えば初登場の時は目にハイライトがちゃんとあったんだよなぁ…。

財布を忘れて銭湯(銭湯行くんだ…)から江戸貝邸に戻るところだった月島軍曹。思えば外出していたおかげで尾形の襲撃から逃れられたのか。
おじいちゃんに「白熊が走って行ったよ」と話しかけられましたがそこを華麗にスルー。彼のスルー能力高すぎですよね。
まぁそうなるわな

屋敷ではついに尾形が偽刺青人皮を発見、その時突如月島軍曹が尾形に切りかかりました。
ここの月島軍曹が恐ろしくかっこいい。月島はどちらかというと頭脳派なのかな、と思ってましたが十分武闘派でした。
第七師団の面々マジで有能だな。

ところで2巻に出ていた和田大尉の頭を撃ってたこの人は月島軍曹でしょうか。

d5ab8c2d
4巻で武器商人と交渉してたこの人は確実に月島ですよね。髭がありますが。

dceb6600

最初は名もなきモブだったのが、だんだんキャラが付いてきて主要人物に成長ってのはいいですね。

話が逸れました。尾形に鶴見中尉を裏切ったことを詰め寄る月島。今までなぜ尾形が鶴見中尉を裏切ったのか明言されていませんでしたが、月島軍曹の言うとおりなのでしょうか。
尾形の父は日露戦争時の第七師団の師団長でしたが、作戦で多くの戦死者を出したことを悔やみ自刃しています。
彼は父の死に報いるため、また父を超えるために鶴見中尉を利用しようとしているのでしょうか。
普段から何を考えているか全く読めない尾形…、もっと複雑そうな野望を抱えている気がします。

さて無事に(?)江戸貝邸から逃げていた江戸貝くぅぅん。
白熊のはく製に身を包み尾形を欺いていました。そしてその格好のまま街中を疾走する彼。
あの人皮ファッションに身を包んでいなくてよかったと心から思いました…。
そして屋敷から飛び出し、江戸貝くんを探す尾形と杉元たち。
尾形が再び江戸貝くんを追い詰めますが、トロッコに乗った月島が江戸貝くんをキャッチ!そしてそのまま来週に続きます。

早々に偽刺青人皮のことが杉元、尾形に知れてしまったのがちょっとビックリ。もっと引っ張るかなと思っていました。
そしてちょっと…杉元パーティーの影が薄くなってきました。
どうも本流に乗れていないというか、本筋にいないというか。ちゃんと次回は主人公の面目躍如となるか杉元佐一。

来週はトロッコ巻頭カラーとのこと。


にほんブログ村


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする