honsikansou

tankoubon

ゴールデンカムイ 161話ネタバレ感想 ロシアのスナイパーがきれいな白石でした

ゴールデンカムイ 161話ネタバレ感想です。

辺見編のアニメ…えらいことになってましたね。

あ、ちゃんと光るんだ、みたいな。

そして満を持して、イメチェン後の尾形がついに登場しました。

声もあってていい感じです。そしてドジマタギになる前の、かっこよかった頃の谷垣がすごくよかった。

谷垣役の声優さん、すごくいい声してるな。

次回も楽しみです。

あとゴールデンカムイのLINEスタンプはいつになったら発売になるのでしょうか…。

まだかな?まだかな?と思いながら待ってます。

視聴率悪いから発売なしとかないですよね

ゴールデンカムイ 161話ネタバレ感想

国境付近でいきなり狙撃を受けたキロランケ一行。

そしてロシア側のスナイパーがどんな男かも判明しました。

なんか白石に似ている

すごく有能そうに見える白石、的な。ふるまいとかは全く白石っぽくないんですが、髭とかタレ目なところとか白石っぽい。

そしてスナイパーの後ろには仲間と思われる男が3人いました。

やはり日本の歩兵銃を背負っていたため、親父さんは狙われてしまったようです。

スナイパーに狙われているためその場から動くことができないキロランケ達はトナカイを動かしてどうにか森の方に逃げようとしますが、狙撃が続きそれも難しい状況でした。

尾形が国境侵犯だとしてもいきなり狙撃してくるのはおかしい、と言ってるのを聞いて、アシリパも何故今のような状況になったのか不審に思っている様子。

オロッコの親父さんはその間も無防備な状態で倒れていました。息子?が助けにいこうとしますが、ここで何故かキロランケが橇から身をさらして親父さんを助けに向かいました。

親父さんが倒れている姿を見て、自身がかかわったとされる皇帝の暗殺事件の後継を思い浮かべるキロランケ。

キロランケが暗殺事件の実行犯だと鶴見中尉は言っていましたが、真実は違うのでしょうか。謎が深まる。

無防備な状態のキロランケが親父さんを担ごうとしている間、何故かロシアのスナイパーは撃とうとしません。リーダーらしき男が撃てと命令しているのにも関わらず。

このスナイパーもなんかこれから一絡みありそうな感じ。

そしてリーダーの男がスナイパーに早く撃て!と命令したその時、尾形の撃った弾が男の腹に命中しました。

その隙に森の方に逃げる白石たち。久々に尾形が狙撃で活躍した気がする。

さて、頭を撃たれた親父さんは何とか無事でした。被っていた帽子が分厚かったおかげで照準がそれ頭を貫通していなかったからです。

そして狙撃手の前に姿をさらしたキロランケも無事でした。

それを

カムイレンカイネ 「カムイのおかげ」だ

というキロランケ。

産まれはアイヌではない、そして過去に暗殺を行ったと思われるキロランケが信じる「カムイ」はどんなカムイなんだろう。

どういう気持ちでこんなことを言ったんだろうか、と深く考えてしまうところに

俺のおかげだ

とか言ってしまう尾形百之助

確かに尾形の狙撃で助かったのもあると思いますが。空気読め

全ての出来事には理由がある、という尾形

尾形が第七師団を裏切り、アシリパの父と杉元を撃ったのも何か理由があったからでしょうか。

狙撃手に対して身をさらしてまで親父さんを救ったキロランケの行動を正しかったというアシリパさんですが、何か思い当たることがあったのか、と少し責めるように問うアシリパさん。

キロランケは何も答えず、そして尾形が

やつらから直接聞き出すさ

と銃を手に国境警備隊の方へ歩いていきました。

かっこよく決めてますが、大丈夫なのか尾形、接近戦はできるのか尾形。

日露戦争延長戦だ

とかかっこよくいってますが、キミ接近戦ちょっと苦手ですよね

(思い出すモブ尾形の頃と「コウモリ野郎!」)

とツッコミが追い付かないところで今回のゴールデンカムイは終了です。